介護GMの日常ブログ

認知症高齢者グループホームの施設長兼ゼネラルマネージャーしています。

過去にあった最悪な採用

介護事業所で施設長兼ゼネラルマネージャーやってます。

 

うちの事業所は去年から今年にかけて離職率は6%くらいですが、他の介護事業所は人手不足で瀕死のところもあると思います。今回は職員採用時に注意したい話です。

 

6年前を振り返ります。

6年前はホーム長になったばかり、現場に入りつつホーム長の仕事をこなすという感じでした。

その時の離職率は30%超えていたと思います。

入っては辞め、入っては辞め。

 

なぜ?

施設にしっかりとした管理者がいなかった。

経営者ががっつり現場に意見を言ってくる。下手したらパワハラ

人間関係をややこしくする人がいた。

など、今振り返るといろんなことがあったかも。

自分自身の未熟さも今思えばあった。

 

ある時、ほんとに人がいなくて、応募してきた3名、即採用。

面接は経営者の方がして、現場に放り込まれる感じ。

①女性はそこそこ。

②男性は服のセンスがいいボクサー。

③おっちゃんはちょっとやばそうな雰囲気。

 

①女性は無難に仕事されていましたが、教えるというシステムもなかったため、そんなに続かなかった。

②男性の方はやる気なくてすぐやめました。

 

③最悪だったのはおっちゃん。

毎日、赤い顔して会社に来てました。酒臭い。

仕事はやってもできない。利用者様と話をしてたみたいだけど、セクハラっぽいことを利用様にやってた疑惑がでるくらい。

これはあかんと思い、対1で面談。

話しても喧嘩腰。

その時、電話の鳴る音、「あっすみません。」と言って保留にすると思ったら、

すみませんもなく、

「はいもしもし。」って出るんです。

出るんかぁ~い。って心の中でツッコミ。すげぇ人やな。

その後謝らなかったことにも腹が立ったんですけどね。

その面談も意味はなく、現場では「あの人何とかしてください。」の相談の嵐。

社長にいうが、「人がいないからしょーがない。」と言われるだけ。

 

1週間たった時に遅刻してきたことに対して、何も言わなかったから注意したら、「なんややんのかー」って喧嘩うってくる始末。

結局「まぁ辞めますわ。」だって。

 

こっちの労力の方が半端ない。

 

まとめ

人材不足でも採用時にダメな人は採用しない。

・経営陣が面接してるところは危ない。人いればいいと思っている可能性あるから。

・人のお世話するんだから、自分の身なりがちゃんとできない人採用したらダメ。

・履歴書くしゃくしゃになっている人ダメ。

・たばこくさいダメ。明らかに臭すぎる人

・時間通り来ないダメ。遅れるのに連絡ない人ダメ。

 

 

人がいないからって、誰でも採用してたら、

困るのは現場。

 

今の立場になって、採用時に守るラインが厳しくなったのは過去の経験があるからかもしれない。

それでも雇わないといけない時は、有期雇用で様子をみましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村