介護GMの日常ブログ

認知症高齢者グループホームの施設長兼ゼネラルマネージャーしています。

認知症介護!!こんな事で激変する。

介護事業所で施設長兼ゼネラルマネージャーしてます。

今日は1日施設内の掃除してました。知らない人がみたら掃除のおじさん(笑)

 

お昼に職員さんが「施設長聴いて~。」っていうから、

 

「おっ。事件か(笑)」って冗談を言う。

 


いい報告でした。

 

認知症という病気になると食事がとれなくなる時期が来ます。

食事と認識できなかったり、食事のやり方がわからなくなったり、理由はさまざま。

 

昼食のときに1人の利用者様が1時間食事の前でにらめっこしている状態。

 

職員が声をかけたが食べられません。

 

職員はずっと待ち続けたそうです。

 

簡単に認知症が進んだから、食事介助ってならないのがうちの職員。

 

なぜだろう。

 

廊下をうろうろ。ズボンのゴムのところを触っていたそうです。

 

あっ!!今日お風呂入ってもらって、着替えのズボン少しきついなって思ってたんです。

 

「よし、すぐ着替えよう。」

 

ズボンをはきかえテーブルに着いて、そのままお食事されました。

 

まさかって思う人もいるかもしれません。

 

認知症という病気になるとちょっとしたことで寝れなかったり、1ついつもと違ったりすると怒りだしたり、少しの違和感を感じる力が増えるような気がしています。

 

もし、このまま認知症のせいにして食事介助したらどうなっていたか。

 

利用者様のちょっとした違和感・不快感に気づけた職員がうれしそうに話してくれました。

 

その気づき最高!!

 

よく相談される、利用者様で夜間眠れない。

落ち着いて寝れる日と寝れない日の違いがどこかにあるはずだ。

不安や孤独で寝れないのかもしれない。布団が合わない。枕が違う。ベッドは嫌だ。など

「そんなのわからん。寝てもらわんと困る。」

「病院受診してほしい。」

とか言ってる前に考えようぜ。

 

うちの眠れなかった利用者様と他の施設で夜間ずっとうろうろしていた利用者様は眠れるようになりました。ある一定の時期だけ寝れないって事もあるかもしれません。

一つ思うのは寒い時期になったからという事も考えられる。

もう一つはある職員の時だけ寝る。対応がいいのか?

ある職員の時は一晩中起きている!!何かあるか?

 

「なぜだ。」を考えられる介護職員。最高じゃないか!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村