介護GMの日常ブログ

認知症高齢者グループホームの施設長兼ゼネラルマネージャーしています。

介護センス有る人は、接し方がうまい。

介護事業所で施設長兼ゼネラルマネージャーしてます。

 

たまに出会うすごい介護未経験の新人職員。

介護の仕事はまだ浅いが、利用者様への対応が、普通以上に出来るセンスのある人。

例えば、

 

利用者様と目線の高さを合わせるとか。

 

近くまで来て目線を合わせてから話しかけるとか。

 

後ろから声をかけないとか。

 

何かする前に説明し同意を得るとか。

 

指示ではなく選択する言葉を使うとか。

 

さりげなくサポートしてくれるとか。

 

よく気付くとか。

 

最初から無意識に出来ちゃっている人っているんです。


利用者様からの信頼を得るのが早い。

 

感じがいい。いつも笑顔。対応がいいからすぐに仲良くなっている。

 

職員と馴染むのが早い。

 

なぜ?を大切にしている。先輩にも必ず質問する。

 

やる事の注意点やなぜそれをやるのか理解する。

現状介護経験が長い人でも出来ない人もいる。
 

説明しないと出来ない人、説明しても出来ない人も中にはいる。

 

何も考えず作業的になっている人もいる。

 

なぜ?という疑問をもたない人もいる。

 

笑顔が一番なのに、性格の悪さが表情に出ちゃってる人がいる。

 

いろいろあげたらきりがないね。

介護経験年数が長いから出来る職員かというとそうではない。

 

これからは年功序列ではなく、実力主義だと思います。

ただ、せっかく介護を始めた新人職員をベテランが潰さないことを願います。

 

未来の介護職員の原石を磨いて磨いてダイヤモンドにするくらいのベテラン職員さんでいてもらいたいですね。

 

 



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村