介護GMの日常ブログ

認知症高齢者グループホームの施設長兼ゼネラルマネージャーしています。

10年後生き残る介護事業所【高齢者雇用理解編】

介護事業所で施設長兼ゼネラルマネージャーしてます。

 

介護事業所で65歳以上の職員さんは多いですか?

 

ある事業所さんが「ある意味老老介護になりつつある。(笑)」って。

 

65歳以上を高齢者と定義している。

 

うーん。今の65歳は元気じゃないですか?見た目も若い方が多い気がします。

 

第二の人生を歩むこともできる時代です。

 

そんな中感じる事。

65歳で定年して家で過ごしている男性が70歳過ぎて、認知症になって施設に入所されるってパターンが続きました。家でゴロゴロしてるのはまずいんじゃないか?

 

誰でも働かずに生きていきたいけど・・・。病気にはなりたくないですよね。

 

国の方向性

長く働いてもらい生産人口の減少を防ぎたい。

長く働いてもらい社会保障費を削減したい。

 

年金は何かあった時に使う保険のような物だと思った方がいい。

 

実際に3分の2の人は70歳まで働いてもいいと思っている。

65歳を過ぎて働いている人が多い県は、医療費が少ない。

 

元気だから働いているのではなく、働いているから元気という考え方。

 

外国人からすると日本人は働きすぎだと言われている。

 

高齢者雇用には2つの課題がある。

①経営者の偏見

日本人は他国に比べると60歳代以降も働いている人の割合が高い。

日本の経営者の高齢者雇用の理解は進んでいる。

 

②労働者の働く意欲

課題:同じ仕事してるのに65歳になると給与が下がる。意欲の低下。

 

対応:個人の生活設計に合わせて給与を考えてあげないといけない。

 

給与が下がっては困る人(住宅ローンが残っている。子供が学生)

 

お金はそんなにいらない人(子育て終わってる)

 

それぞれに対応していった方がいい。

 

課題:65歳で定年する人はやっぱり休みたいと思っている。

定年して1ヵ月~2ヵ月は自由で楽しいそうです。

3ヵ月頃からやることがなくなる。奥さんも自由に出かけてるので1人さみしくなる。

 

対応:ある企業で、3ヵ月休んでいいよっていう制度を作っているところがある。

3ヵ月後に再び復帰してもいいという選択肢がある。

 

面白い発想だなぁと思いました。

 

政府は70歳まで働けるようにしようとしている。

現状は

65歳定年制をとっている企業は16.1%

66歳以上働ける制度のある企業27.6%

70歳以上働ける制度のある企業25%

(平成30年「高年齢者の雇用状況」集計結果)

 

65歳定年されたセカンドライフとして、福祉の道もありかもしれない。

 

現在介護施設で働いている高年齢職員や

 

定年後働こうと入職する高年齢職員が

 

長く働けるように考えなければならない。

 

私の友達の介護事業所が高齢者雇用で良い取り組みをしているのでHP観てください。

↓↓↓↓

株式会社YKA🔗

 

今回は高齢者雇用の現状をなんとなくイメージしてもらえたらいいかなと。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村