介護GMの日常ブログ

認知症高齢者グループホームの施設長兼ゼネラルマネージャーしています。

理想の介護施設の作り方!!『ずっとここで働きますから。』

介護事業所の施設長兼ゼネラルマネージャーしてます。

 

理想の介護施設を目指して!!

 

自分の目指す施設とは

  • 働きたいと思える。
  • 楽しさ・ワクワクがある。
  • 協力性がある。
  • 学ぶ姿勢がある。
  • 感謝・尊敬がある。
 
 
 

おっと利用者様への尊厳とか自立支援とかが出てこないぞ。

いいのかそれで!!

 

 

 

 

いいんです。

 

 

 

職員の人間関係を解決せずにいい介護施設なんてありえない。

 

皆さんの施設は人間関係がいいですか??

 

職員が前向きな言葉を発していますか??

 

誰かのせいにしていませんか??

 

悪口だらけではないですか??

 

嫌な先輩職員がえらそうにしていませんか??

 

一番解決しないといけない大事なところだと思っています。

 

 

 

 

 

私の介護施設の作り方。

 

職員が幸せかどうか

 

嫌な職場なら、職員は次々と転職していく。

 

せっかく育てても辞めてしまっては、また一からだ。

 

利用者様を幸せにするのは、幸せな職員だけだから。

 

 

職員が楽しいかどうか。

 

会社のイメージは、働いている職員の雰囲気で決まる!!

 

職員が死んだ目で働いていたら、利用者様を幸せになんてできない。

 

 

いい介護はいい笑顔から。

 

職員同士が支えあったり、協力し合ったり、仲がいいかどうか。

 

職員が楽しく笑顔であれば、利用者様にも笑顔が伝わる。

 

 

 

学びたいという仕掛けは作ってあるのか。

 

上司からの投げかけはあるか。

 

外部からの刺激があるか。

 

 

 

 

 

利用者様は置き去りでいいのか。

 

もちろんそうではない。

 

 

どっちみち職員がいなけりゃ、サービスなんて提供できない。

 

やっと育てても辞めたら、入職しても介護未経験が入ってくる。

 

現実は厳しい採用状況だ。

 

介護の質の向上よりも前で止まっていてはだめだ。

 

 

 

 

職員育成には時間がかかる。

 

三大介護(食事・入浴・排泄)だけを頑張ろうとする。

 

人としてのコミュニケーションから教える必要がある。

 

利用者様の幸せとは何かを教える必要がある。

 

当たり前の道徳の授業からしていかないといけない。

 

だから職員を育てるには時間がかかるのだ。

 

 

 

私の施設はいつの間にか、いい言葉が溢れていた。

 

ある職員

「こんなに支えあいというか。前向きに働ける施設はないです。」

「私はずっとここで働きますからね。」

 

ある職員

来月より、手術のために1ヵ月休む。

「私が帰ってくるまでお願いします。絶対帰ってきます。」

 

ある職員

「お互い様。何かあったらお互い様。」

丁度職員が体調不良で休んだ時に自然に出る言葉。

 

ある職員

「誰も悪口言う人いませんよ。皆尊敬してます。」

 

ある職員

「○○さんを尊敬しています。自分も○○さんのようになりたい。」

 

ある職員

「資格をとります。頑張って勉強します。」

 

前向きな言葉が増えています。

 

みんながいい雰囲気で働いている

 

甘くするのではなく、厳しさもある。

 

学ぶ姿勢がある。

 

 

結論

イメージとしてはこんな順番

  1. 職員が働きたいと思う職場を作る。
  2. 働いていて楽しい・幸せを感じることができる。
  3. 利用者様の幸せといい介護が提供できる。
  4. 学ぶ姿勢が増える。
  5. 介護の質があがっていく。
  6. 利用者様の生活の質を上げることができる。
  7. 利用者様のやりたいことの実現を一緒にできる。

楽しさの先に学びがあり、利用者様の幸せがある。

↓↓click

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村