介護GMの日常ブログ

認知症高齢者グループホームの施設長兼ゼネラルマネージャーしています。

グループホームの介護事例!!出来事を想像できるか!!

認知症高齢者グループホームの施設長兼ゼネラルマネージャーしています。

認知症という病気になっていても自分でできる事はやって頂いています。できる能力を見極め、すべてやってあげるような介護はしていません。

つい最近、トイレの失敗が多くなった利用者様がいらっしゃいました。ちょっといい事例だったので参考までに。

f:id:himawariasano5506:20191223230751j:plain

【目次】

事例:トイレの失敗

男性利用者様で、布パンツをはいています。トイレに行くまでに間に合わず、ズボンが汚れてしまう事が、昼夜とわず多くなりました。廊下を歩いているところからズボンのチャックを開けようとしている。トイレまで間に合わず廊下にポトポト落ちていることもある。

 

安易な考え方は危険

・トイレまで間に合わないのだから、無理じゃない?

・職員の負担もあるから。

・濡れる事で利用者様がかわいそう。リハビリパンツを…。

間違った利用者様の立場に立った考え方ではいけない。

失禁するのは認知症が進んだからしょうがないという思考停止。

 

利用者様の立場で考える

必要なのは私たち介護職は何のためにいるのかを考えてほしい。

職員の負担を優先したり、仕方がないというあきらめは必要ない。

 

 

リハビリパンツをはく事で解決はしない。自分ならリハビリパンツに違和感がある。

トイレに間に合わないことで本人も苦しんでいる。

失敗したくて失敗しているわけではない。

難しいかもしれないが本人になって考える。

その人の普通はトイレの失敗がないようにリハビリパンツをはく事ではなく、トイレまで行って排泄ができる事。そこを目指した考えがあるか。

 

利用者様を日頃よく観察して仮説を立てる

仮説①:男性はチャックを開けて排泄をされる。うまくチャックが開かなかったり、パンツの「社会の窓」から出せないのではないか。

仮説⓶:トイレに行きたいというときは遅い可能性がある。

 

仮説をふまえた聞き取り

・そういえば、衣替えで持ってきてもらった股引が前開きじゃない。パンツが前開きじゃない。

・夜間は本人が起きてからでは遅い。

そういえばそう思うっていう話が意外と出る。

 

疑いながらもやってみる。

・前開きのズボン・股引・パンツを揃えてみた。

・トイレの声掛けをすることにした。

 

聞き取りと成果

・若干ズボンが少し汚れる事はあるものの、毎回着替えないといけないということはなくなった。

・夜間トイレに行くたびに排泄の失敗があったが、現在はトイレにて排泄されている。

 

まとめ

介護職員ならプロを目指したい。

なぜそうなったのかを想像できる事と

どうしたら解決できるかが瞬時に頭の中に浮かんでくるか。

 

男性利用者様なら男性職員が考える事が向いているのかもしれないし、女性利用様だったら女性職員が考える事がうまくいくかもしれない。

 

もっとも利用者様の立場になって考えているか。

 

日々の観察能力を研ぎ澄まし、何とかできると信じて考えよう。

 

「リハビリパンツにすればいいじゃん。」でやっていたらどうなっていたか。

 

いい結果でよかったが、もし悪い結果であってもまた次の方法を考える。

これが介護職の魅力っていうもの。

 

職員本位が蔓延している施設なら、

すぐに転職した方が良い!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 ↓↓check↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村