介護GMの日常ブログ

認知症高齢者グループホームの施設長兼ゼネラルマネージャーしています。

【仕事】読んだつもりはミスのもと!!

介護事業所の施設長兼ゼネラルマネージャーしてます。

インフルエンザが結構流行っているみたいですね。グループホームでもインフルエンザではありませんが体調の悪い利用者様がいらっしゃいます。

f:id:himawariasano5506:20200115223107p:image

【目次】

読んだつもりで失敗した

休み明けの施設長に伝えたいことを看護師さんがまとめてくれてありました。

利用者様の状況を細かく書いてあったんですが、目を通したつもりでいました。主治医の先生に報告してほしい事とか風邪薬が無くなったから聞いてほしいとか書いてありました。

出勤してすぐに目を通しました。3枚あったんですが、読んだつもりでいました。

主治医の先生に伝え忘れがあって失敗した。

 

次の日の看護師さんとの会話。

看護師さん「施設長読んでくれたの?」

施設長「読んだよ。」

とは言ったものの伝え忘れがあるんだから読んでないと同じ。理解してない。

 

大きな影響はありませんでしたが、改善しないといけない。

 

ミスは思い込みから起こる

読んだつもり・理解したつもりで仕事をすると実際と違っていたということになる。

言ったつもり、聴いたつもりも危険。やっぱりミスが起こる。

 

身近に起こる伝達ミス

良くあるのが申し送りでの読んだつもりや伝え忘れ。

誰に伝えたかなどがわからなくなることもある。

知らないまま仕事をすることは、間違いやミスになる。

大きな事故になる可能性もある。

 

改善方法

まずは意識する。

コミュニケーションも大切。

ゆっくりと情報を読む時間を作る。

情報共有ツールを使う。

 

最後に

これから1人1人たくさんの仕事をこなさないといけなくなる。

そんな中でも情報を的確に共有し、理解していかないといけない。

自分自身もそうだが職員の情報共有がうまくいく方法を作る事が大切です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 ↓↓check↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村