介護GMの日常ブログ

認知症高齢者グループホームの施設長兼ゼネラルマネージャーしています。

【思考】介護職に足りないビジネス思考!

介護事業所の施設長兼ゼネラルマネージャーしてます。

働いている介護施設によって、そこそれぞれの決まりや雰囲気・当たり前になっていることってある。その当たり前って本当に大丈夫なのか。他の施設に行くと当たり前が全然違ったり、運営方法も違うなぁと思っている。介護だけでなく、ビジネスとして考えていくとこで本当にやらなきゃいけない事が発見できる。

f:id:himawariasano5506:20200131233513p:image

【目次】

凝り固まった頭は捨てろ

介護研修に行った時の話、介護事業をやっているとみられるおっさんが介護講師にかみついている。学びに来ているはずなのに私の介護知識の方が正しい的な事を言っている。

はずかしいなぁって。

他者の考え方や経験談なんて「ありがとうございます。」っていい所を頂いて帰ってくるだけ。自分が違うと思うところは参考にするくらいでいい。

 

介護職は介護のみに集中?

新人介護職員はしっかりと仕事を覚える事に専念する。

介護職として利用者様のために何ができるのか。介護の質っていうところにこだわりを持ってやっている。それもいい。

ベテラン・リーダークラスで介護だけしているなら考え方を変えてほしい。

会社に貢献している存在かどうかを常に考えないとまずい。

 

自施設の特徴が言えない

介護保険で自分の施設はどの立ち位置にいて、どんな特徴があるの?

言えない人が多い。

介護技術は上がっても、やる事がわからないから、何をすればいいのかわからない。

 

例えば、グループホームでも

私の施設は買い物に一緒に行ったり、一緒にご飯を作ったりできる施設です。

私の施設はリハビリに力を入れていて、特に下肢筋力の維持のための取り組みをしています。

私の施設は重度の方にも対応できるように介護職員も喀痰吸引の研修に行っています。

などなど

答えれないといけない。

 

空室=ラッキー思考はこの先使えん。

空室ができ入所者が入ればいいが、施設の方向性が定まっていないところに限って待ちがない。

空室をラッキーって思っている介護職。

空室が埋まるまで楽でいいやって。

「空室は施設長か相談員が埋めるもの。私たちは関係ない。」

まぁ現状そんな感じが多いのかな。

ビジネスとして考えられない人が多いという事。

 

ビジネス思考でこの先の介護施設が変わる。

空室なれば損失が出る。

収入が少なくなって、支出が多くなれば会社はやっていけない。

空室を喜ぶ職員はビジネス思考ではない。

 

ビジネス思考があれば

  • 空室ができないように特色を出す。
  • 利用者様への対応1つも丁寧になるはず。
  • 1人1人の介護職の思考変わると会社が変わる。

 

残念ながらそんな職員は数少ない。

「給与を上げてほしい。」だけはよく聞く。

その前にやる事をやりましょう。

 

トップダウンで意識を変える

会社を大きく変えようと思ったら、トップダウンが一番早い。

ただし、ついてこれない職員はやめていくしかない。

人手不足の介護業界こそ、おもいきった改革をするべき。

介護職員でこの先の一手を考えられているといいんだが・・・。

業務効率化・勤務編成の変更・コストダウン・節約・アウトソーシング・IT化

トップから職員に常に伝えていく事が大切。

 

最後に

とてもありがたい立場で仕事をさせてもらっている。

ずっと介護現場で働き、利用者様の笑顔が好きだった。

別にそれでも良かったんだが、現在役職者として会社同士の付き合いや他業種の方と話す機会も増え、違った目線で考える事ができるようになった。

まだこの先、すごい取り組みや施設・人に出会う機会が多く待っていると思うと感謝しかない。

介護施設の中だけの狭い世界で、狭い視野で仕事をしているだけなんてもったいない。

一歩外の空気を感じるだけでも今後の介護人生に変化をもたらすのではと思っています。

やはり、ビジネス思考がこれからは必要かな。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 ↓↓check↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村